Jump to content
We promise no intrusive ads, Please help keep the community alive
Consider supporting us by disabling your ad blocker / add to whitelist / purchasing VIP.

Search the Community

Showing results for tags '麻枝准'.



More search options

  • Search By Tags

    Type tags separated by commas.
  • Search By Author

Content Type


Forums

  • Games
    • Driving & Racing Games
    • Gaming Discussion
    • Screens, Videos & Streams
  • Mod Shop
    • TDU - Mod Shop
    • TDU2 - Mod Shop
    • Support
  • Enough About Games
    • General Discussion
    • Anime Discussion
    • Automotive Discussion
  • turboduck
    • News, Support & Feedback
    • Ask a Question
    • Introduce Yourself!
  • TDU Platinum's Topics
  • Civilization Series's Topics
  • Let's Play...'s Topics
  • Let's Play...'s Let's Cruise

Blogs

There are no results to display.

There are no results to display.

Categories

  • Mods
    • TDU
    • TDU2
    • Other Games
  • Save Data
  • TDU Platinum's Files

Categories

  • Driving Games
  • Consoles & Hardware
  • Other Stuff
  • General Games

Calendars

  • Community Calendar
  • Anime
  • アニメ
  • turboduck - Events and New Game Releases
  • Civilization Series's Events

Find results in...

Find results that contain...


Date Created

  • Start

    End


Last Updated

  • Start

    End


Filter by number of...

Joined

  • Start

    End


Group


Discord


PlayStation Network


Skype


Steam


Website URL


Xbox LIVE


Location


Interests


Playing Now


Modder TDU


Modder TDU2


Yahoo! Messenger


Facebook


Twitter

Found 2 results

  1. ある日小さな村に旅する 吟遊詩人が訪れた まだ若い少女で 旅も慣れてなかったけど 歌には自信がある 少女は村の中央にある 広場に座りリュートを弾き唄い始めた でも誰ひとり出てこなかった 聞こえていないのか 悩んだ末に出てこないなら 無理矢理でも聞こえるようにと 雷鳴のように叫び唱った それがみんなの心を震わせた 出てきた村人たちは みんな不気味な形をしてた 少し恐かったけどやがて打ち解けてた 歌を唄うたびに 「こんなわたしたちを見ても 逃げないとは大したもんだ」 そう言う杖つくお爺さんが村長だった 事情を聞いてみた 昔愚かな青年が居て 国王の娘と恋をした ふたりで駆け落ちを企てたけど その途中で捕まってしまった 国王は冷たく言い放った 「こいつとその子孫にまで及ぶ 異形の呪いをかけて野に捨てろと」 ある日みんなが言ってくれた 「あなたの歌には不思議な力がある 曲がってた骨もこんな真っ直ぐに もうすぐ治りそうだ」 毎日こうしてこの村で 歌を聴かせてあげれれば 呪いも解ける日が来る、 そう思い始めてた なんの迷いもなく だけどその噂が広まり 騎士が馬に乗りやってきて 少女を連れ去って 城の深い牢獄に閉じこめた 国王が現れ「その力は私のために使え」と言う そんなのお断りだ! 「ならそこで一生過ごすといい」と 告げ立ち去った 泣いてなんかいられない ここからでも歌を唄おう あの時も届いた さあ始めよう《終わりのない歌》を 長い長い時が過ぎた 村にもまた春が訪れ 子供たちは輪になり伝承の歌を謡う 旅人が残した 少女はまだ旅をしてた もちろん大好きな歌を唄い 神様 叶うのなら あの村でもう一度みんなに会いたい もうこの世にあたしはいないけれど
  2. BrokenMadoka

    Alchemy

    無限(むげん)に生(い)きたい 無限(むげん)に生(い)きられたら 全(すべ)て叶(かな)う でもいろんなものがあたしを追(お)い込(こ)んでく 生(い)きる残(のこ)り時間(じかん) 夢(ゆめ)の座標(ざひょう) 行方(ゆくえ) 全部(ぜんぶ)大事(だいじ)なものなのに いいさここらでちょっと甘(あま)いもの食(た)べていこ そういう思考(しこう)停止(ていし)ばかり得意(とくい)になった 歩(ある)いてきた道(みち)振(ふ)り返(かえ)るとイヤなことばっかりでもううんざりだよ 触(ふ)れるものを輝(かがや)かしてゆくそんな道(みち)を生(い)きてきたかったよ 無性(むしょう)に生(い)きたい 焦(あせ)ってばかりの日々(ひび) 全(すべ)て消(き)えそう でもさぼってもみる だって疲(つか)れちゃうじゃない そんな矛盾(むじゅん)思考(しこう) あたし頭(あたま)どっか知(し)らないうち打(う)ったみたいだ いっかここらでちょっと病院(びょういん)へ行(い)っとこう ずっと起(お)きてられる薬(くすり)は置(お)いてませんか? ぼさあと突(つ)っ立(た)ってるだけでもう 化石(かせき)になってしまいそうなんだよ 誰(だれ)からも忘(わす)れられたような くすんだ存在(そんざい)になってしまうよ いいさここでちょっと根性(こんじょう)を見(み)せてやる 自分(じぶん)で頬叩(ほほたた)いて存在(そんざい)の証明(しょうめい)へ 歩(ある)いてきた道(みち)振(ふ)り返(かえ)らない イヤなことばっかりでも前(まえ)へ進(すす)め 触(ふ)れるものを輝(かがや)かしてゆく そんな存在(そんざい)になってみせるよ
×
×
  • Create New...